陶房窯八

窯八は学生時代の友人夫妻が営む陶房で、八ヶ岳の、麓の林のその先に
ひっそりと窯場を構えています。
アトリエ工事が明けた土曜日、ぶーんと中央道を飛ばし、彼らの新作満載で開催していた
HACHI-kama展を訪ねて来ました。

途中、雨が激しく降ったりやんだり。
山の方はどうだろう?と北杜市に着くと、静かな雨に変わってました。

b0201787_2395314.jpg

b0201787_23104132.jpg

b0201787_23105813.jpg











今回はしっかりとしたお目当てがあって行ったのです。
それは、このあとカヌレと器のコラボする予定になっているのです。
目で見て、確かめて、受け取りたいという思いがありました。
実際、予定していた器とは別に、これはどう?と出してきてくれたお皿で、一目惚れしたものも!
来てみないと感じられないこと、たくさんありました。

「せっかくだから」は私の標語みたいなもので、せっかくだから友達たくさんと
一緒にお仕事が出来て広がっていったらと、最近とてもそう思っています。
そうしたら、幸せが2乗4乗になってくれますもんね。


工房を訪ねる前に立ち寄った場所。
これは、名水公園べるが へ続く「べるが通り」の道と空です。
b0201787_22402020.jpg





b0201787_22422346.jpg







b0201787_22462971.jpg

森のカフェ灯鳥(ぽとり)でのランチは、オーガニックの野菜とパン。

雨模様のしっとり感が似合ってた、静かで小さなひとり旅。
満たされました。
by le-canard | 2012-06-11 23:25 | つれづれ | Comments(0)
<< 合格♪ 6月7日、8日 晴れ。 完成 >>